合意分割

  1. H19年4月~スタートした。19年4月以降の離婚では、結婚期間における報酬月額・報酬賞与額の改定が請求できる。
  2. 報酬月額を取られる側(通常は夫)・・・第一号改定者
  3. 報酬月額を取る側(通常は妻)・・・・第二号改定者
    1. 事実婚者は原則不可。BUT 事実婚の妻が第三号被保険者であった期間はOK
  4. 第一号と第二号改定者の報酬額の合算の50%を限度に按分割合を合意する。
    1. 合意できないときは家庭裁判所(社会保険長官じゃない!!)が決定する。
    2. 相手側への報酬額等の情報提供は、3ヶ月以上の期間をあけて請求。
    3. 離婚後2年以上経過したらだめ。
    4. 改定率請求した後はだめ。
  5. 合意した按分割合を元に、第一号改定者の報酬額に対する改定率を求める。
  6. 社会保険長官に改定率を申請する。
  7. 受給権者の場合には、申請した翌月から改定(決定の翌月じゃない! 離婚の翌月じゃない)
  8. 離婚時みなし被保険者期間・・・第2号改定者がもともと第三号被保険者であった期間。金額改定の為の期間としてはみなすが、他の年金の支給要件としての期間としてはみなさない。(例:加給年金、特例厚生年金等(定額部分・報酬比例部分・1年の加入期間)}
  9. 障害厚生年金の300月の調整がされている場合・・・離婚時みなし被保険者期間が計算の基礎とされない。・・・すると被保険者期間が無い期間の報酬額が改定でもらった分だけを計算することになり減額されてしまうから

三号分割

  1. H20年4月以後の離婚で、H20年4月以後の第三号被保険者期間分については、強制的に半額を改定できるもの
  2. 報酬額を取られる側・・・(通常は夫)特定被保険者という。
    1. 妻は特に名前無し・・・特定被保険者の被扶養者
  3. 合意分割しても、H20年4月以降の分は三号分割したとみなされる。
  4. 障害厚生年金の受給権者である特定被保険者に対しては三号分割できない。()