Seattle's Best Coffee

129_apakyoto.gif
京都の駅前に Seattle's Best Coffee があります。ここは駅前と言ってもちょっと外れているので空いていて、なんと カウンターには電源が設置されています。加えて FREESPOTが簡単接続できるので言うこと無です。 ただし・・・店員が行けていません。愛想はないし、「いらっしゃいませ」もない。カウンターにおいてあるサービスカードを差し出しても何もアクションを起こすわけでもない。かなりむかつきます。三流です。

バイオパッド

思いっきり切ってしまいました。指先・・・。肉が見えるほど切りました。血が止まらずくらくらしてしまいました。出先で見つけたのがバイオパッドです。傷からでる浸出液を吸収して膨ら婿とで傷口を保護してくれるというものです。血止めにはなりませんでしたが、翌日にはパソコンがたたけるようになりました。

LECの講義も松久先生と『としみちゃん』のバランスの良い講義でかなり理解が進みました。加えてで問題回答への足がかりもつかめそうです。それでも解決できない疑問はわいてきます。
  • 特別任意加入者が受給権を得たときには翌日喪失なのに、任意加入者が480月に達したときには、当日喪失なのはどう考えればよいのか?
  • 昭和16年4月1日以前生まれの受給権者が繰り上げした後に、国民年金の被保険者となったときには支給停止されるのはどう理解すればよいのか?
などなど・・・。いつでも質問できる先生がいてくれるわけではないので、それらの理解のための基本書がないか探してみました。そうそう、LECの教本はすべて網羅してあるけど、「なぜ」という部分はほとんどありません。あの本は講義とセットではじめて価値があるものだと思います。あれで理解はできません。LECの市販の基本書もやはり「なぜ」という部分にはあまり答えをくれるものではありませんでした。(やはり暗記せよなのか?)と暗くなりましたが、は比較的「なぜ」について意識して解説が記載してありました。具体的には、特別任意加入者が死亡したときに寡婦年金が支給されることが無いという部分については、「25年の要件があるから満たし様が無い」といったポイントが書かれてあったり、老齢基礎年金の繰上げ支給の説明が厚生年金の60歳前半の老齢年金と併記して解説してあったりと、一見受験用とは思えない構成でした。一番読み応えがありそうだったので買ってきました。疑問点や予習用には使えそうです。