法律の不合理は暗記

火曜はLECの日。松久先生はいいなぁ。今日も残って質問攻め。論点1点目は
  • 国民年金の任意任意被保険者が加入期間480日で当日喪失なのに、特別加入の任意保険者は受給権取得の翌日喪失なのはどんな理屈か?
    結論としては、法律の不完全な部分だということらしい。実際は翌日喪失であるはずで、こういったものは、悩んで質問をしたときの記憶と一緒に暗記をするしかなさそうです。
もう一点は、
  • 老齢厚生年金の年金額算出を行う場合の被保険者期間は、受給権を取得した日の属する月以後計算の基礎とされない。と、当月は被保険者期間に含まないが、障害厚生年金の被保険者期間は、受給権を取得した日の属する月後計算の基礎とされない。と、当月は被保険者期間に含むという点はどんな理屈か?
こちらも結論としては、法律の不完全な部分ではないかということでした。でも解説はなし。 どちらの論点も結構出題されているところなので、不合理なら不合理と言ってくれたら覚えるのに・・・って思っちゃいます。そんな意味では松久先生は非常にありがたいです。

言いたいこと

  • 情熱を語ってとにかく引っ張っていくこと
  • 方針を示し徹底させること
  • 人材を見極めて託すこと
  • 人の輪を築き熱中させること
  • 意見を出させ集約していくこと
  • 人間的な成長を促すこと
  • コラボレーションで相乗効果を出すこと
どれも得意なことだ。実績もある。でも今はその機会は無い。試してもらったこともあるとも思えない。未熟だったのは確かだ。すべて自分の責任だ。それも間違いがない。後悔は無い。今の自分は好きな自分だ。よく勉強し人の役に立てる。弱点も克服している。今後もチャレンジしていくことに迷いは無い。でも自尊心は大きく傷つけられた。自尊心は判断を迷わせ人を傲慢にさせる。そうかも知れない。自尊心がなければアイデンティティは無い。アイデンティティを消そうとしている自分がいる。消さなくては評価はされない。評価されるためにいるのではない。評価されなければ機会はさらに来ない。やはり出よう。自己のアイデンティティを活かし、多くの人の人生を豊かにする機会は他にある。