Excleと生産性

たまたま辿っていったページで衝撃的なページを見つけてしまいました。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070906/281286/ 筆者曰く「もっとも生産性が高い開発言語はExcle」なのだそうです・・・。どこかでそんな気もしていたのかもしれません。もっとも強みなのは、親しみやすいという部分でしょうか・・・。データ数を理由にAccessばかりでやろうとしていた自分を反省して、直後にを買ってきました。すごく分厚い本です。さっそく、これまでどうしてもスマートにできなかった技を発見してしまいました。アクセスから部や課毎に自動的に吐き出した複数のファイルにパスワードをつけていくというものなのですが、うちの会社Excleのパスワードにうるさくて、何度かチャレンジしてたのですが、結局見つけられずに、キー送信でごまかしていました。
でもすんなりできることが分かりました。また、Accessから、ExcleのVBを操作する方法(逆もしかり)も基本は理解しました。さっそく週明けに会社で導入したいと思います。
おなじものの応用で、ディレクトリ内のすべてのファイルに自動的にパスワードをつけるというのもできそうです。
いまさらこんなことになっている原因はやはりAccessへの固執なんだと思います。
今回の技については、AccessとExcelでまとめて行きたいと思います。