尊敬すべきサイバー事務員

Excel Access VBAマクロ を代表とする技術をもつ事務員が、事務作業を自動化することによって、業務を劇的に効率化、可視化(による分析力の向上)させてきたことは明白だと思います。
ただし、これらの効率化は、組織的に行われるというよりは、個々人の疑問と努力によって個人個人で導入されるこことが多いと考えられ、いろいろな悲劇があるのだと思います。
  1. 管理職に理解がないために、評価されず、広がりもない。
  2. 『引き継ぎ時にメンテナンスできる人間がいない』というゴテゴテの管理の問題を、なんとそのサイバー事務員、もしくは、そのコンテンツに押し付ける。
  3. 単なる事務員とも思われたくないが、IT技術者と一緒に考えてもらえる訳でもない→市場でも、社内でも評価が適切ではない。
この様な悲劇を救うべきではないかと思ってしまうのです。例えば、そのようなサイバー事務員専門の派遣会社を設立するとか・・・。サイバー事務員が行ってきた効率化の効果判定を共通フレームで行って登録するとか・・・。
IT技術が進んで、Excel Accessだけでなく、比較的簡単に効率化ができるフレームが増えていると感じます。サーバーを通して、中規模の人数の事務を効率化することは、IT技術者でなくともできてしまいます。サイバー事務員の地位を向上して、サイバー事務員のモチベーションを向上させ、もっともっと組織に、社会に貢献できることがあるのだと感じてしまうのです。
関連リンク
http://q.hatena.ne.jp/1158264883 Excel VBAで事務員が効率化することに、概ね90%は賛成。