座右の書

まだうまく説明できない。ただ、線を引いたことば
「その道を進みなさい。素晴らしい絵を描こうとするときと同様、夢に向かうときも一つのところにとどまってはいられない。最新の注意を 支払い、自己を認識しなさい。そうすれば機会が現れ、その機会にむかってすばらしい力を発揮できるようになるだろう」
「自分はより大きな全体の一部であると信じて行動し、その一方で柔軟性や忍耐力や鋭い認識力を持ちつづけると、『手に入るなどとは 誰も夢に思わないような、あらゆる種類の思いがけない出来事や出会いや物質的援助』が手に入るようになるのだ」